化粧水の成分コラーゲンとヒアルロン酸を比較!

美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

化粧品に使われている美容成分は色々なものがありますが、中でも知名度の高いものにヒアルロン酸とコラーゲンの2種類があります。

コラーゲンとヒアルロン酸は混同されやすい成分ですが、両者の間にはどういう違いがあるのでしょうか。

人間の皮膚は角質層という表層の下に、真皮層という層があります。ここにヒアルロン酸やコラーゲンはあります。ヒアルロン酸は、コラーゲンがつくる格子の中にゼリーの状態で入っています。これらが合わさって真皮層と呼ばれる層を形成しています。これらの皮膚組織が正常に活動していると、シワのない美しい肌を保つことができます。

コラーゲンの特長は、その存在によって、シワの予防や改善をすることができる成分となっています。お肌にコラーゲンがしっかり存在していることで、肌のハリを守ることができるのです。

一方、ヒアルロン酸は大量の水分を保持しておけるという強みがあります。皮膚がカサカサにならず、十分な水分が補われていてしっとり感がある状態を維持するには、ヒアルロン酸が多いことが条件です。

コラーゲンが果たしている機能と、ヒアルロン酸が果たしている機能は違っていますが、どちらも美容に必要だという点では一致しています。

シワが気になる人はコラーゲンを、肌の乾燥が気になる人はヒアルロン酸を選ぶと良いです

肌質の改善はお手入れが重要であり、コラーゲンやヒアルロン酸を使用したスキンケアによって、美しい肌を持続させることができるのです。

化粧水の成分として人気のコラーゲンとヒアルロン酸

コラーゲンとヒアルロン酸が含有されている化粧水は、定番商品としてとてもよく売れています。最近は、コラーゲンを皮膚の外側からつけたとしても、奥にまで入っていかないので、ほとんど意味のない行為であるという言われ方もしています。コラーゲンは、お肌に塗っても内部まで入り込んでいくには一つ一つが大きすぎて、美容という観点でいえば無意味だという人もいます。最近は、お肌にしみ通りやすいように加工された低分子コラーゲンを配合している化粧品も注目されるようになりました。

低分子状態のコラーゲンが入った化粧水かを把握してから、商品を買うようにするといいでしょう。コラーゲンが化粧水に配合されている場合、弾力やハリのある肌になるためというより、保湿効果を向上するためな使われることが多いと言われています。

コラーゲン入の化粧水をつけることで弾力のある肌になれるわけではないですが、皮膚の水分が逃げにくくなって、しっとり感がより高まると言われています。ヒアルロン酸を含む化粧水も多いですが、ヒアルロン酸は保湿効果をもたらす前に肌から蒸発してしまいます。毛穴から水分が逃げていかないようにすることが、肌を乾燥させず、補給した水分の効果を生かすためには必要になります。コラーゲンを活用することも、水分蒸発を未然に防ぐためには必要になります。

ヒアルロン酸とコラーゲンが、どういった成分であり、それぞれ肌にどう効果を及ばせるものなのかを踏まえて、スキンケアに使うといいでしょう。ヒアルロン酸とコラーゲンのそれぞれの違いを認識した上でスキンケアに活用することで、お肌の状態に合わせた化粧水選びがしやすくなります。

コラーゲンやヒアルロン酸の他にもあるセラミドという美容成分

きれいなお肌に憧れて、コラーゲンやヒアルロン酸を含むスキンケア用品を使う人がいます。

皮膚の深層にある真皮層に、網のように張り巡らされているものがコラーゲンであり、きれいな肌には欠かせません

真皮層に十分な量のコラーゲンがあることが、ハリのあるお肌であり続けるための条件です。年をとってコラーゲンの量が少なくなると、ハリのある状態を維持できなくなってしわが多くなっていきます。人間の皮膚は年をとると水分不足に陥りがちですが、これはヒアルロン酸の生成量が少なくなってしまうからです。ヒアルロン酸やコラーゲンを含むものを食べたり、美容成分が豊富なスキンケア化粧品を使うなどして、皮膚の保湿や弾力に気を使うようにしましょう。

ヒアルロン酸と、コラーゲンの他にも美容成分は色々ありますが、中でも大事なものはセラミドです。

皮膚から水分や油分が逃げ出さないように、しっかりと抑え込んでくれる物質がセラミドです。細胞と細胞の間を、セラミドがしっかりと埋めてくれていることで、ヒアルロン酸が保持している水分が肌が出ていくことなく、留めておくことができるようになります。セラミドを補給することを重視しなければ、潤いのある肌を保つことは困難です。

最近、年齢の影響もあってお肌の状態がよくないと感じるようになってきた人は、セラミドでのスキンケアを見直してみてください。コラーゲンや、ヒアルロン酸は美肌のためには欠かせない成分ですが、セラミド等の成分についても視野に入れておくようにしましょう。